スタッフブログ

トイレ🚽のリフォーム④おもてなし空間への秘訣

2021年11月26日(金)

みなさん、こんにちは!
大阪市東成区のまいりほ東成店の竹内です(`・ω・´)ゞ

今日11月26日は11(いい)26(ふろ)の語呂合わせから、いい風呂の日らしいです!
最近急激に寒くなってきたので、いい入浴剤でも使ってゆったり湯船に使ってみるのもいいかもしれません(*´ω`*)

なので今回は「お風呂」!ではなく前々回に引き続きでトイレのリフォームについて💦
LIXILが出している「はじめてのトイレえらび」のカタログを参考に解説していきたいと思います。

トイレを「おもてなし空間」にする秘訣は?

「来客の際に掃除する場所は?」の調査アンケートで、トイレは上位にランクインしています。
ここでは、家族だけでなく、訪れたお客さまにも気持ちよく使ってもらえる空間にするためのポイントを紹介しています。

別手洗いでいつも清潔なトイレ環境

手洗器を便器とは別の場所に設置することで、いろいろなメリットがあります。
便器とは別の場所にすることで楽な姿勢で手洗いすることができます。
特に小さなお子さまにとっては、届かなかったりギリギリになったりで、周囲に水滴が飛び散ることがあります。
手洗いしやすい場所に設置することで、飛び散ることことも少なく清潔さを保持できます。

手洗器の上に鏡をつければ、ちょっとしたお化粧直しに便利です。
カウンター設置で、化粧ポーチなどの置場にもなります。
自宅で急遽リモート会議という時でもヘアスタイルや顔色をチェックして臨むことができます。
また、鏡の効果で空間をより広く見せることができます。

壁紙やアクセサリーの演出で個性を

トイレ空間も他の部屋と同じように、
壁紙や床材、紙巻器やタオル掛といったアクセサリー等、
家全体のコンセプトから導き出して選びましょう。
壁紙は一面だけアクセントをつけることで奥行き感が生まれます。
限られた空間だからこそ、隅々まで拘り「らしさ」を求めていきたいです。

 

快適機能でほっと安心できる空間に

最新の便器には「おもてなし空間」を実現させるためのさまざまな快適機能があります。

自動開閉・洗浄機能

便器に近づくと自動で便器のフタが開き、自動で洗浄、用を足して離れると閉まる機能。
かがんで開け閉めする必要がなく、便座に触れることもありません。

プラズマクラスターイオン

プラズマクラスターイオンを発生させて24時間除菌してくれる便器もあります。

自動脱臭機能

便座に座ると脱臭が始まり、においを吸引します。
便器鉢内に気流を発生させて循環さあせることでにおいの上昇を抑え込みトイレ空間を快適にするこものあります。

まとめ

今回はおもてなし空間への秘訣という内容で書かせて頂きました。
清掃性や利便性という視点で見ることは多いと思いますが、
こういった「おもてなし空間」で考えることは少ないと思います。
DIYでもできることもありますが、今後トイレをリフォームすることがあれば、
是非紹介した内容を取り入れ「おもてなし空間」を作ってみて下さい!